山口県・周防大島の隣にある離島「情島」をドローンで空撮!

山口県・周防大島の隣にある離島「情島」をドローンで空撮!

ドローン空撮するなら、やっぱり春か秋が一番です!

冬は寒すぎて指を出して繊細な操作なんてできませんし、逆に夏は暑すぎて猛暑の中ずっと立って操作することも無理で、下手したら熱中症になってしまいます^^;

さて、最近は愛媛の離島を巡っているのですが、地図で次の行き先を探していると、なんと松山市の中心部から山口県にある離島までフェリーで1時間30分くらいで行けることが発覚!

だいたい近場の愛媛の島々は行き尽くし、あと残るは自宅から意外と遠い場所の島なので行くのをためらっていたのですが、1時間30分で行けるということで、愛媛の島々ではなく今回は山口の離島に行ってきた次第です。。。

離島の名前は「情島(なさけじま)」というところ。

上の地図にもあるように、山口県の周防大島(すおうおおしま)の先にある小さな島で、すぐ隣には私の好きな愛媛の離島「津和地島」があり、”ギリギリ山口県” という位置に浮かぶ島です。

松山からこの津和地島まではフェリーが出ているのですが、情島までは他県ということもあり出てなく、津和地島から情島への船もありません。

そのため、行くには松山の三津浜港から防予フェリーに乗ってまずは周防大島の伊保田港へと行き、そこで定期船に乗り換えて情島へと向かいます。

 

松山から情島までの行き方

・三津浜港(松山)→伊保田港(周防大島)→情島

 

防予フェリーの時間

三津浜港→伊保田港の時刻表はこちら

三津浜港→伊保田港の運賃はこちら

 

伊保田港から情島への定期船時刻

 
便 伊保田 発 情島 着 情島 発 伊保田 着
6:20 6:35 6:50 7:05
11:00 11:15 12:20 12:35
14:30 14:45 15:00 15:15
18:00 18:15 18:20 18:35



情島でドローン空撮

情島の島自体はまぁまぁ大きいのですが、そのほとんどが道がない山。

大体多くの離島は、島を1週ぐるーっとまわれるように道があるものですが、こちらの島には残念ながら道がなく反対側へ行くことができません(T_T)

写真に写っている集落のほかにも小学校がある集落、もう1つ別の集落があるのですがどこも小さく、島の人口は47人しかいないそうです。

観光スポットも何もなければ、特徴的なインスタ映えしそうな場所もなく、観光目的には向かない島です。ここを訪れる人は釣りが目当てで、この島の付近は潮の流れがあって瀬戸内海屈指の漁場とも言われています。実際に私がドローンを飛ばしている時も、多くの漁船が集まって漁をしていました!

ドローン空撮ですが、なかなか空撮しがいのあるポイントを見つけられず(…というかなく)、定期船が発着する上の写真の集落くらいしか撮るところがない感じでした^^;

そのため、バッテリーも1本半くらいしか使いませんでしたし、とにかく島の滞在時間が1時間しかなかったので、じっくり空撮している時間もありませんでしたね。

一応、この島で空撮した映像は以下になります↓

天気は残念ながら曇りでイマイチでした。

いつも離島でドローン空撮するときには事前によく天気予報を確認して、「快晴」もしくは「晴れ」の時のみ行くのですが、たまに天気予報が外れてこのように曇ってきたり雨が降ってきたりすることあるんですよねぇ。

 

まとめ

滞在時間が短かったこと&島自体にドローン空撮の魅力がなかったこと。

このため、久しぶりの離島空撮だったのですが、ちょっと個人的には残念でした。

島自体は歩いていて1人も住人と会わなかったですが、その代わりに猫に何匹か会えましたね。

わりと子猫もいたので去勢はされておらず、しかも警戒心がそこまでなかったですので、ネコ好きにはモッテコイの島です!ドローン空撮する上では微妙ですが、この島は “穴場的な猫島” としてオススメな島ではあります!

ドローン空撮ならMavic2

CTA-IMAGE これから初めてドローンを買うならMavic 2 Pro/Zoomがオススメです!

Proのほうはハッセルブラッド社製のカメラですので、高画質で撮影することが可能。価格は19万4,000円

ZoomのほうはDJI社ドローン初のズーム機能が搭載され、動きのある映像を撮影可能。価格は16万2,000円

離島カテゴリの最新記事