山の山頂から半径150mくらいは山頂の標高を起点にしてほしい…

山の山頂から半径150mくらいは山頂の標高を起点にしてほしい…

改正航空法によって、ドローンを飛行させる際には地上から150m以上の高さを飛ばすことができません。

これは地表面からの高さになりますので、高度150mという一定のものではなく、その飛ばす標高から150mになりますので、単純な話、富士山(3,776m)の上空からだったら最大で3,926mまで飛ばせることになります。

150m以上は航空機やヘリコプターなどと接触する可能性が高まるため、一応それ以上の高度を飛行させる場合には許可を求めるようにしているのです。

大体150mもあればドローン空撮する上である程度のところは撮影できますし、満足のいくような映像を撮ることも可能です。たまに「あともう少し高度を上げられたらな〜」なんて思うこともありますが、ほぼほぼ150mあれば十分です!

しかし、ある場所で撮影する時だけ150mでは空撮に苦労するところがあります。

それは、山の山頂付近をドローン飛行する時です。

先程紹介したように、改正航空法では地表から150m以内であれば許可なく飛ばすことができるのですが、山頂付近で飛ばす場合には、山頂の真上を飛ばすならFPVを見ればどのくらいの高度なのかがわかるので問題ないのですが、山頂を少し離れたところから撮影する時に問題が発生します。

通常、山頂は突き出る形になっていて、そこから切り立っていることがほとんどです。

ということは、山頂から少し離れてしまうと、そこの地表面は低くなるわけでして、一体いまどのくらいの高さを飛ばしているのか知ることもできませんし、険しければ険しいだけ地表面が低く、気がつかない間に150mを超えて飛行させている、なんていうことが起きてしまうのです。

そう!飛ばした場所から上空150mではなく、そのドローンが飛行している真下の地表面から150mですので、山頂の周囲は標高が山頂よりも絶対に低くなるため、結構違反している人が多いんですよね。

そして問題なのが、ドローンが一体どのくらいの高さを飛行しているのか確認することができないということです。

つまり、その真下の地表が何メートルなのかわからないため、150mを超えているかもどうかもわからない。

これが現状になっています。



山頂から半径150mは山頂の高さが基準

これはドローン飛行させる者からのお願いですけど、ぜひ山頂付近(例えば山頂から半径150mとか)では山頂からの高さを基準にして、そこから150m飛ばしてもOKなように航空法を改正してほしいです。。。

ぶっちゃけた話、山頂付近でそもそも航空機が飛ぶこともないでしょうし、山小屋への物資ヘリや救助ヘリを除けば普通のヘリが通ることもありません。

例えば、山頂から200mくらい離れてしまうと、もう山頂よりも高度を下げてドローンを飛行させないといけないこともあるわけですが、いくら地表面から150mを超えているとしても、直ぐ近くに山頂があってそこの空域は航空機もヘリも飛ぶことはないわけですから、そこでの空域は山頂と同じ高さから150mにしても大丈夫なわけです。

改正航空法では一応地表から150m以内ですが、山頂から半径150mくらいなら絶対に安全な空域なんですから、例外的に山頂からの高さを基準にしてもらいたいですし、山頂からの横の距離ならFPVでわかりますので、こちら側としては安全に法律違反にならないためにも、ぜひそのように改正してほしいと思います。

そうすれば、例えば「槍ヶ岳」などの切り立っている山でも安心して山頂の周囲から飛ばすことができますし、もっと素敵な映像が撮れるのですが。。。

多分、山でドローンを飛ばす人は同じように思っているのではないでしょうかね?

もちろん、今でも国土交通省に許可をもらえば150m以上でも飛ばすことは十分可能ですが、通常の手続きとは別に航空局と連絡する手間や報告の手間が増えますので、正直面倒くさくて誰もやりたくありません^^;

ということで、ドローン空撮をする人間も提案ですが、危険度も高くないと思われますので、ぜひ航空法を改正してもらいたいと思います。

ドローン空撮ならMavic2

CTA-IMAGE これから初めてドローンを買うならMavic 2 Pro/Zoomがオススメです!

Proのほうはハッセルブラッド社製のカメラですので、高画質で撮影することが可能。価格は19万4,000円

ZoomのほうはDJI社ドローン初のズーム機能が搭載され、動きのある映像を撮影可能。価格は16万2,000円

空撮カテゴリの最新記事