Mavic 2 Zoomを10時間以上使ってみて分かったこと

Mavic 2 Zoomを10時間以上使ってみて分かったこと

Mavic 2 Zoomを買ってから大体10時間以上飛行させたと思いますので、ここで飛ばしてみて分かったことや、Mavic Airと比較した時の「良い点」と「悪い点」についてちょっと書いていきたいと思います。

当初、買う気はなかったMavic 2 Zoomですが、実際に何度も使っていると「やっぱり買ってよかったなー」と思うようになりましたね^^;

いまではだいぶ気に入っています!

もしMavic 2を買おうかどうか迷っている人がいましたら、ぜひオススメです♪



Mavic 2 Zoomを実際に使ってみて

数ヶ月前まで私はMavic Airを使っていたわけですが、やっぱりMavic 2 Zoomとは若干ですが違います。

そこまで大きな差はなく操作性などもほとんど変わらないのですが、そもそも機体が違いますので、色々と微妙には異なっているのです。

10時間くらいMavic 2 Zoomを飛ばして気になったことがいくつかありますので、その辺を紹介していきます。

 

スピードが速い

個人的に気になったのがスピードが速いことです。

上昇/下降の時、Mavic AirのPモードでの上昇速度は2m/sで下降速度は1.5m/sとなっていますが、Mavic 2は上昇速度が4m/sで下降速度が3m/sになっています。つまり、Mavic 2はMavic Airよりも倍速いことになります。

これ、普通に飛行速度が1m/s速くなったところで特に気にならないのですが、上昇/下降の速度は、いざ離陸させる時や着陸のため帰還させる時などにその速さを実感します。

特に帰還させる時は、自分の斜め上から自分に向かって一直線に降ろしてくるのですが、スピードが速くて自分に突っ込みそうになるくらい速く、そのため早めにスロットルから手を離さないと大変なことになってしまいます。

また、Mavic 2は上昇/下降に限らず、普通の飛行速度も速くなっているため、斜め上から直線で降ろしてくると余計に速く感じますね。機体もMavic Airと比べると大きいですので、いつもハンドキャッチする時はちょっと怖いです(笑)

通常の飛行速度は無風時で72m/sも出ますので、道路を走る車だって全然追いかけられますが、個人的にはPモードの速度はもう少し遅めでMavic Airくらいの速度がいいです。

なぜなら、Pモードでノーズインサークルをやる時に、ちょっと速度が速すぎて難易度が増したように思うからです。被写体から距離がある場合はそこまで問題ないのですが、被写体に近い距離でノーズインサークスをやると、速すぎてなかなか綺麗に円を描けませんね。

なので、そこはもうちょっと遅くしてほしいというのが本音。

 

Sモード横移動の映像が使える

Mavic AirのSモードで横移動すると、必ずと言っていいほどカメラも傾いてしまい映像としては使い物になりません!

車などを追いかけたい時などにSモードで横移動して撮りたかったのですが、Mavic Airではそれは実現できませんでした。風が強い時などに、上風から下風に向かって横移動させるとカメラは傾かなかったのですが、無風時のSモード横移動は必ず傾いてしまいます。

それが、Mavic 2のSモードではカメラは傾くことなく撮影することができ、車を横移動で追いかけることも可能になりました。

Mavic Airは少し機体が小さ過ぎるので傾いてしまうのは仕方ないのかもしれませんが、それがMavic 2では大丈夫ということで、これは個人的には結構ありがたいですね。

 

携帯性は抜群!

Mavic Airと比べてしまうと、折りたたんだ時の大きさも幾分大きいのは間違いないですが、それでも持ち運ぶ上ではほとんど同じですし、多少幅をとりますが、それでもPhantomを比べれば天と地の差があります。

リュックであれば確実に入りますし、全然邪魔になりません。

Mavic AirとMavic 2で迷っている方も、携帯性ではほとんど変わりませんので、そこは考慮しなくても良いと思います。

旅先に持っていくにしても、邪魔に感じることなく持ち運べます

 

風に強い

これもMavic Airと比較してのことですが、確実に風への耐性はありますね。

この間も少し強風のなか飛ばしましたけど、全然問題ありませんでした。Mavic Airも機体は小さいものの、全然強風でも飛ばすことはできますし風に強いと感じますが、それ以上にMavic 2は安定しています

もちろん、強風時には警告マークが表示されますが…。

 

ズーム機能が使える

これはMavic 2 Zoomに付いている機能ですけど、やっぱり空撮中にズームができるのはいいですね!

被写体に対して、ドローンは遠くにいてもズームすることでまるで間近で撮影しているような映像が撮れますし、例えば、道路を走っている車を真上から撮影する場合でも、ドローンを道路の真上で飛行させないで少し横を飛行させながらズームすると、まるで真上から撮っているような映像が撮れてしまうのです。

道路上を飛ばすとなると警察の許可が必要になってきたりしますし、そもそも万が一墜落してしまったら危険ですので、そのリスクを回避する上でもズーム機能は使えます。

また、魅力はやっぱり「ドリーズーム」です!

被写体の位置はそのままで、その背後が迫ってくるような映像が撮れる撮影手法。ドローンを後退させると同時にズームすることで撮れます。

空撮していておもしろいですし、動きのある絵が撮れるので結構気に入っています。

 

トライポッドモードが使える

Mavic Airにはなかったこの機能!

「トライポッドモード」は、どれだけスロットルを全開に入れても最大で1m/sしか出ませんので、なかなかこれまで撮れなかったような映像を撮ることができます。

スピードが速くないぶん迫力ある映像は撮れませんが、ゆっくり木と木の間を通り抜けたりする映像だったり、ノーズインサークルはかなり正確に簡単に撮ることができますね。

これはなかなか使えます。

 

慣れればハンドキャッチも余裕

私はドローンを離陸させる時はハンドリリース、着陸させる時はハンドキャッチで100%やっているのですが、ハンドキャッチする時は少し怖いと言いますか、先程も紹介したように、帰ってくる速度が速くて、早めにスロットルから手を離さないと自分に突っ込みそうになります。

速度が速い分、手を離しても少し惰性で進むんですよねぇ。。。

ただ、慣れてしまえばMavic Air同様、簡単にハンドキャッチすることができます。

ハンドキャッチをする時にドローンの後ろ側からキャッチするのがどうやら一般的なようですが、私はカメラが付いている前方を自分に向けて帰還させキャッチしています。

ドローンの前方を自分のほうへ向けて、斜め上から一直線に45度に降ろしてくると、前と下に付いているセンサーが反応しづらく意外とすんなりキャッチすることができてしまうんですよね。

Mavic Airは下部の後ろ側にしかセンサーがなかったので、前方からキャッチすれば楽勝だったのですが、Mavic 2は下部の後ろと真ん中あたりにもセンサーが付いているため、少しセンサーが反応しやすくなってしまいました。

ただ、それでも慣れればすんなりキャッチできるようになるので、まぁこれは慣れるしかないですね。

 

映像はそこまで変わらない

映像のクオリティー的には、そこまで変わらないかもしれません。

編集していてもそこまで違いを感じないですし、もちろん多少良くはなっているのかもしれませんが、大きな差は間違いなくないです。

ただ、写真に関しては、高解像度撮影ができることもあってなかなか綺麗…というかかなり綺麗ですので、ドローン空撮で写真を撮るならお勧めできます

Mavic 2 Proになるとだいぶ映像は綺麗になりますが、ZoomならそこまでAirと変わらないように感じますね。

 

バッテリーはちょい長め

バッテリーは1本あたり大体20分くらいですね。

残量15%になるまでには帰還させることを考えると大体このくらいで、風が強かったりすればもっと短くなると思います。「Fly Moreキット」にするとバッテリーが合計3本ですので、ちょうど1時間くらい空撮を楽しむことができます。

Mavic Airは大体15分程度でしたので多少は伸びてますけど、もうちょっと1本分の駆動時間を長くしてくれると助かります。一応、バッテリーの飛行時間は無風で31分となっていますが、実質そこまでは飛ばせません(T . T)

ちなみに、バッテリーの容量が大きいのか、充電はMavic Airよりも長く感じます。3本充電するのに結構かかりますので、ここもぜひ改善してもらいたいところ。



まとめ

Mavic 2 Zoomはいいです!笑

Mavic Airよりは確実に良いですし、「ズーム機能」と「トライポッドモード」があるのは個人的に大きいですね。なにより撮影の幅が広がり、これまで以上に空撮が楽しくなりました!

まだまだ買ってから色々な場所で飛ばせていないので、これから涼しくなってきたので、ぜひ色々な場所へ行って飛ばしたいですね。

ドローン空撮ならMavic2

CTA-IMAGE これから初めてドローンを買うならMavic 2 Pro/Zoomがオススメです!

Proのほうはハッセルブラッド社製のカメラですので、高画質で撮影することが可能。価格は19万4,000円

ZoomのほうはDJI社ドローン初のズーム機能が搭載され、動きのある映像を撮影可能。価格は16万2,000円

Mavic 2カテゴリの最新記事