しまなみ海道の眺め抜群!亀老山展望公園をドローンで空撮

しまなみ海道の眺め抜群!亀老山展望公園をドローンで空撮

しまなみ海道のシンボルになっていて、四国本土の今治側と大島の間にある来島海峡を結んでいる橋「来島海峡大橋」。

ここを眺められる展望台として有名なのは、今治側からだと「糸山公園展望台」で、大島側からだと「亀老山展望公園」になります。

糸山公園展望台は、橋から非常に近く、すぐにアクセスできますので多くの人が訪れています。橋を間近で見れることからなかなか迫力があって見応えがあります!

また、糸山公園展望台の下のほうには「来島海峡展望館」という場所もあり、そこからでも十分景色を楽しむことができます。

今治側見るのはどちらかというと、橋を縦に見るような感じです。

来島海峡展望館から↓

糸山公園展望台から↓

 

一方、大島にある「亀老山展望公園(きろうさん)」からは、来島海峡大橋の全体を上から眺めることができます。

標高が300mちょいのところにある展望台ですので景色は抜群に良く、晴の日は瀬戸内海に架かる素晴らしい橋を一望することができるのです。

少し離れていますので迫力自体はありませんが、展望がよくて今治市内や周囲の山々まで全て見渡すことができるので、なかなか感動します!

さらに日本全国の展望台ランキングなるものでも上位にランクインしていますので、評判の高い展望台ということからも、その景色の素晴らしさがわかると思います。

実際の展望台よりも高度は高いですが、こんな感じで見えます↓



ドローンで「亀老山展望公園」を空撮

亀老山展望公園をドローンMavic Airで空撮してきました。

今治市役所に事前に許可を取るため電話すると、「国土交通省の許可は持ってますか?」と聞かれただけで、あとは特に聞かれず飛ばしていいとのこと。

担当の方から「できれば遠慮してほしい」みたいなことは感じられず、むしろ許可を持っているならどうぞ、という感じでしたね。

あ、あと「目的は?」ともそういえば聞かれました。

「趣味です」って言ったのですが、特に何も言われませんでした…。

そして、当日撮影したい旨を伝えると、なんとその日は数日前の豪雨の影響で通行止になっているとのこと!なので麓の林道から飛ばすことにし、了解を得ることができました。

この日は快晴ですし(映像では曇っている感じですが、実際は快晴です)、通行止ということで誰もいないので、ドローン空撮するには最適でした。

ただし、麓から飛ばすため電波が届かなくなるので展望台の反対側にはドローンを飛ばすことができず、展望台よりも手前側からの空撮が主になってしまいました。あとは、150mを超えないように注意して飛行。

無風でしたしバッテリー1本分の撮影をして直ぐに帰還させました。

亀老山展望公園よりもさらに高い位置からしまなみ海道(来島海峡大橋)を眺められるということで、ものすごく開放感があって素敵な映像になったと思います。

今度はぜひ展望台から飛ばしてみたいですし、もう少し高度を下げて展望台に近づいた映像も撮ってみたいですね!

ドローン空撮ならMavic2

CTA-IMAGE これから初めてドローンを買うならMavic 2 Pro/Zoomがオススメです!

Proのほうはハッセルブラッド社製のカメラですので、高画質で撮影することが可能。価格は19万4,000円

ZoomのほうはDJI社ドローン初のズーム機能が搭載され、動きのある映像を撮影可能。価格は16万2,000円

しまなみ街道カテゴリの最新記事