しまなみ海道「来島海峡大橋」で48mmズーム多めでドローン空撮!

しまなみ海道「来島海峡大橋」で48mmズーム多めでドローン空撮!

しまなみ海道「来島海峡大橋(くるしまかいきょうおおはし)」にドローン空撮をしに行ってきたわけですが、かれこれ今年で5回目です^^;

最近は近場で撮る場所がなく、行きたい離島はたくさんあるものの、どこも遠くてお金も掛かるので行くのを躊躇している感じです。

住んでいる所からしまなみ海道もかなり遠いんですけど、ここは空撮し甲斐がありますし、Mavic 2 Zoomの光学ズーム(4K最大48mm)で撮影したら一体どんな感じの映像が撮れるのか試したかったこともあり、今回実際に行ってきた次第です。



「来島海峡大橋」の空撮映像

今回は目的通り、48mmズーム多めで空撮し編集してみました。

被写体がどうしても橋を走る車ということで、接近して撮影することができませんので、ズーム機能を駆使して撮影します。

Mavic 2 Zoomは4K撮影の場合、最大で48mmまでズームでき、そのおかげで50-100m離れた場所から撮ってもはっきり橋の上の車を捉えることができますし、個人的にはやっぱり48mmズームで撮った映像が好きですね。

光学ズームということもあり画質が荒くなることはありませんし、ズームしたほうがより対象物が鮮明に見え、迫力もあるので非常に良い感じ!

また今回新たに試したのは、走っている車に対してドローンのカメラ(機体正面)を斜め45度くらいに向け、一緒に並走するかのように空撮することです。

結論から言うと、これは限りなく難しい!

というか至難の業。

Inspireシリーズであれば、カメラだけを斜めに向けたままドローンの機体を真っ直ぐ進行方向に飛行させることができるので簡単なのですが、MavicやPhantomシリーズはカメラが基本的に真正面しか向きませんので、そういう風な撮影をすることが難しいのです。

何度かトライしてみたのですが、実際にやってみると舵のほんの少しの入れ加減で橋に近づいたり逆に遠のいたりと動いてしまうため、なかなか斜めに飛行させることはできませんでした(T . T)

こればかりは練習したからと言って上達するものではありません。

その時のわずかな指先の力加減です…。

 

今回もまぁまぁ納得のいく映像が撮れたと思います!

天気が良ければよかったんですけど(天気予報では数時間前まで晴れでした^^;)、残念ながら曇りになってしまい暗めな感じになってしまったのが残念なところ。

Mavic 2 Zoomはオススメ!

今回撮影に使ったのはMavic 2 Zoomになります。

この機体が好きなのは、やっぱり撮影中にズーム機能を取り入れて空撮できる点ですね!

ズームは編集でどうにかなるかもしれませんが、やっぱり飛ばしている時に操作するのが楽しいわけですし、色々構図などを考えたりしながら飛ばすのも面白いですので、ぜひ空撮自体を楽しみたい方にはオススメの機体となっています。

このドローンも別に安くないですけど、値段相応の価値は十分あると思います♪

ドローン空撮ならMavic2

CTA-IMAGE これから初めてドローンを買うならMavic 2 Pro/Zoomがオススメです!

Proのほうはハッセルブラッド社製のカメラですので、高画質で撮影することが可能。価格は19万4,000円

ZoomのほうはDJI社ドローン初のズーム機能が搭載され、動きのある映像を撮影可能。価格は16万2,000円

しまなみ街道カテゴリの最新記事